のぼりについて知りましょう

のぼりは過去と使用目的が違っており、今では広告として利用されている。

のぼりについて知りましょう

若い世代の人はのぼりと聞いても理解できない人もいるかと思います。

のぼりとは日本で伝わる旗の形式の一つであり、形状としては長辺の一方と上辺を竿にくくりつけたものです。

今回は省略させていただきますが、昔はのぼりとは戦の時などに使われた軍旗の一つでもあり、その歴史は昔に遡るとのぼりが開発されるまでの流れを知る事ができます。

現代ではのぼりは主に広告として使用されていることが一般的です。

例えば大相撲での力士の四股名であったり、街頭での選挙運動での候補者の名前であったり、出店などの店名や商品名であったり、誰もが一度は目にしたことがあるかと思います。

運用方法も昔とは大分変っています。

戦などの時は人が担いで運んでいたのに対し、現代では土台などに固定して無人の状態で宣伝を行っています。

広告として利用している現代において、土台などに固定することで人手をかける必要もなく、また大きい旗であることから目につきやすく宣伝効果も高いと言えます。

ただし、若干のデメリットも発生しています。

例えば、歩道などに飛び出してしまっているなどにより、通行人の妨げになってしまっていたり、台風などの強風によって土台ごと転倒したり吹き飛ばされてしまったりすることです。

そのような点にさえ注意すれば、低コストで大きな宣伝効果を得ることができるのが、のぼりの特徴です。

影響力のあるのぼりとは Copyright (C) www.ianbruceportraits.com. All Rights Reserved.